システムエンジニアの独学勉強や心構え

システムエンジニアの独学勉強や心構え

実力勝負のシステムエンジニア。技術がしっかりとしていないと本職として働くことはできません。それではシステムエンジニアになるにはどうしたら良いのでしょうか。

 

システムエンジニアは資格は要らない職種です。もちろん、資格を持っていれば就職に有利になる可能性があります。システムエンジニアになるには、まず指示された仕様のプログラムを作って、それが仕様通りになっているかをテストして間違いがあれば直すプログラマーを経験して実務を積んでステップアップするのが一般的です。

 

プログラミングを勉強するには大きく分けて4つあります。一つ目は大学や専門学校で学ぶ。二つ目はシステム開発会社に入ってから学ぶ。三つ目は民間のプログラミング講座を受講する。四つ目は人材派遣会社に登録するなどの方法があります。ほとんどは三つ目の民間のプログラミング講座を受講する人が大半を占めています。

 

一定のレベルでの知識が着けば、後は実務経験です。資格や専門知識よりも実務でどれだけ経験したかで有利度が変わって来ます。システムエンジニアには専門知識よりも「顧客の状況や意図を掴む能力」「情報を整理する能力」「自分なりの明確な答えを出す能力」「分かり易く伝える能力」が必要になります。

 

あとは「こういう事をやりたい」という意志を持つことが重要です。システムエンジニアにも様々な種類のものがありますので、その意思を強く持っている方を会社は要望してます。

 

⇒システムエンジニア求人募集サイトランキング