システムエンジニア会社はブラック企業で激務?

システムエンジニア会社はブラック企業で激務?

システムエンジニアはすべての職種の中でも最も残業が多くて激務な職種の一つです。休日出勤や深夜残業は当たり前のシステムエンジニアですが、いわゆる「激務=ブラック」という点で言えば、その帰属する会社や部門によって様々です。資格も学歴は全く関係ない職種なので、実力や技術力、成果のみで判断される、といった環境が後押ししているのかも知れません。

 

そもそもシステムエンジニアとは、顧客からどういったシステムを構築したいかという要望をヒアリングし、手掛ける情報システムの内容を明確化し、顧客が希望する納期に間に合わせ、作業の進行管理を行うというお仕事です。このように、システムエンジニアもある意味サービス業なので、どうしても顧客の要望に応えていくうちに残業が多くなって行きます。もちろん残業もせず納期に間に合わせ完璧なシステムを作り上げるのがベストです。しかしそれができるシステムエンジニアはほとんどいないのが現実です。

 

いわゆるブラック企業とは、システムエンジニアに限らず、その会社に勤める社員全員にとってブラック企業になりますので、応募時や面接時に、社内の雰囲気や社員の様子、顔色などを注意深く見ることで、入社前にリスクを軽減することができます。

 

⇒システムエンジニア求人募集サイトランキング