システムエンジニアになるには大卒が有利?

システムエンジニアになるには大学を卒業していると有利?

大学でシステムエンジニアを学ぶには、基本的には理系の学科が多いようです。一般的には、情報系、電子工学系の専攻を履修するのが近道です。しかし、実際にシステムエンジニアとして従事している人の中では大学、特に学部は関係ありません。もはや文系出身者のほうが多いこともあります。

 

大学卒業していなくても十分実戦で活躍できます。就職してから覚えたという人もいます。システムエンジニアには数学的な能力が必要だと思われがちですが、一方では扱うのはコンピュータ「言語」ですので、必要なのは語学力という考え方もあります。

 

むしろ、コミュニケーション能力のほうが大切になってきます。「顧客の状況や意図を掴む能力」「情報を整理する能力」「自分なりの明確な答えを出す能力」「分かり易く伝える能力」が必要になります。社内・社外システムのエンジニアの相手はお客さんです。すなわち人間なのです。

 

顧客といかにきちっと話をすることができるかどうかが重要になってきます。技術的な課題や困難を解決するのは簡単なことです。ですので、システムエンジニアになりたい人も大学では特に専門的な技術は学ばなくても十分に社会に通用するシステムエンジニアになることができると言えます。

 

⇒システムエンジニア求人サイトランキングこちら