システムエンジニアの英語や数学

システムエンジニアの英語や数学について

システムエンジニアと言えば「理系」って思う人もいるかと思いますが、しかし扱うのはプログラミング言語なのです。だからと言って英語が必要かっていうとそういうわけでもないです。もちろん大学や専門学校でコンピュータ系の知識を学んでいれば多少の有利にはなるかもしれません。システムエンジニアになるには特に資格も学歴も必要なければ文系や理系の区別もありません。

 

逆に文系出身の人でも一流のシステムエンジニアはいます。むしろシステムエンジニアにはコミュニケーション能力のほうが大事なのです。コミュニケーション能力は論理的な思考力が必要になりますので、ある意味では数学的能力がある方が有利という意見もあります。論理的な考えが出来ても、実際顧客の形になっていない要望を、文章に起こすのもシステムエンジニアの仕事ですので、日本語の能力も大事になっております。この点では文系のほうが有利かもしれません。

 

システムエンジニアに向いている人は、習得したパソコンスキルを生かして仕事がしたい、交渉力やビジネス感覚を持っている、論理的な思考ができる人です。ですのでやる気さえあれば文系・理系は関係ありません。あとは実績を積んでいけばいいのです。

 

⇒システムエンジニア求人募集サイトランキング