フリーランスシステムエンジニア

システムエンジニアのフリーランスになるために必要な能力

システムエンジニアとしてフリーになるのは、ケースにもよりますが開業費用がそんなには必要はないので、敷居は意外と低いです。反面、フリーになる以上、どのような仕事を取ってくるかなど、すべての面を自分で行わなければいけません。金銭的に、技術的に、営業的にいろいろなことを勘案して仕事を選べることに楽しさを見出せるなら、フリーランスに向いていると言えます。

 

フリーランスになるためには3つの能力が必要です。まずは、マネージメント能力です。プロジェクトマネージャークラスの人材は常に不足してます。この能力を磨くには、やはり経験が必要だと思います。小さなプロジェクトでも、リーダーとして経験を積むのがいいかもしれません。

 

次に、強力なセールスポイント(得意分野)があることです。強力であればあるほど、セールスポイントで営業ができます。つまり、そのセールスポイントによって、契約が取れることが多々あるのです。

 

最後に、税理士と懇意になることです。税理士はやはりプロです。税金に関する知識はとうていかないません。何かと懇意に相談に乗ってれる税理士を見つけることで仕事はかなりやりやすくなると思います。

 

これら3つの能力を持ち合わせ、会社に長時間労働を強いられるのは嫌だとういかたには、「フリーランス」がおすすめです。

 

⇒システムエンジニア求人サイトランキングこちら