システムエンジニアの学校について

システムエンジニアの学校について

学校でシステムエンジニアを学んでいる人には基本的には情報系、電子工学系を専攻している人が多いようです。しかし、実際にシステムエンジニアとして働いている人の中で情報系、電子工学系を専攻していた人はほとんどいません。もはや文系出身者のほうが多いこともあります。

 

出身学校は全く関係ありません。学校を卒業していなくても十分実戦で活躍できます。就職してから覚えたという人もいます。システム的な専門知識は特別必要ないので、学校ではむしろコミュニケーション能力を学ぶほうが大切になってきます。

 

そもそも社内・社外システムのエンジニアの相手はお客さんです。システムエンジニアはお客様のニーズを理解する力、それに的確に応える理解力、それを分かりやすく伝える力、臨機応変に対応する力、プロジェクトを管理・遂行させる力が必要になります。

 

システムエンジニアは学力より実績と実力の職種です。学校で知識だけを得たとしても実戦で実績を残さないと意味がありません。もしシステムを学校で学ぶのであれば実戦形式で学べる所がいいと思います。後は学校でプロジェクト全般の管理ができるプロジェクトマネジャーを学ぶことができればさらにいいと思います。

 

⇒システムエンジニア求人募集サイトランキング