システムエンジニアとして必要なもの

システムエンジニアとして必要なもの

システムエンジニアに必要なものとは何なのでしょうか?極端に言ってしまえばシステムエンジニアに必要なものはやる気だけです。システムエンジニアには資格は必要ありません。もちろん資格を持っていれば就職に有利になる可能性はあります。

 

システムエンジニアにも他の社会人のどの職種と同様に「コミュニケーション能力」「社会人としての能力」「技術的な能力」の3つの能力が必要になります。つまり営業職のように相手(社内、社外問わず)が困っていることや求めていることを聞き出し、問題点を解決すること。そのためのツールとして情報技術(システム構築)を使うのがシステムエンジニアなのです。

 

技術的な能力に関してはプログラマを経てシステムエンジニアになることが大半ですので、システムエンジニアはプログラミング能力を持っている人がほとんどですが、プログラミングができないシステムエンジニアももちろんたくさん存在します。上級段階としてはマネジメント能力も必要になります。プロジェクト全体の責任者でプロジェクト単位の工数管理から収支の管理を行ったりするプロジェクトマネージャになるには、作業要員の配置や顧客との交渉も必要になります。

 

各エンジニアの作業状況を統括して管理するためそれぞれの仕事内容を十分把握できる能力が必要となります。社会人としての能力には日々進化していく環境に適適応していく能力も含まれます。技術的な進歩は日進月歩です。それについていけないと、システムエンジニアとしてはやっていけません。

 

⇒システムエンジニア求人募集サイトランキング