システムエンジニアの意味・仕事内容・種類

システムエンジニアの意味とは?仕事内容と種類を詳しく解説

システムエンジニアとは、情報システムの要件定義、設計、構築、運用など企業情報システムの開発をする者を指します。顧客のどういうシステムを作成したいかという要望を聞き、構築する情報システムの内容を明確化にします。それに対する適切なシステムの設計や分析を行い、システムを設計し、構築するシステムのテストを実施します。テストにより発見されたバグの修正を行います。実際にプログラマーをまとめてシステム制作を行い、できあがったシステムのデバッグまでの制作進行を行います。

 

システムエンジニアの種類には、組込みソフトウェアの開発をするソフトウェアエンジニア、製品やサービスに関する技術的な専門知識を備えたセールスエンジニア、サーバやイントラネットへの不正アクセスを防止したり、ウィルスから守るシステムを構築するセキュリティエンジニア、顧客先に出向いて機械の保守・点検・修理を行うサービスエンジニア、パソコンやITシステムのトラブルなどに対応して、訪問しメンテナンスや点検を行うサポートエンジニア、顧客の業務内容を分析し、問題に合わせた情報システムの企画、設計を行うシステムコンサルタント、システム開発でのいわゆる最上流工程を担当するシステムアナリスト、システム監査業務に従事するシステム監査技術者、プロジェクトの計画と実行に於いて総合的な責任を持つプロジェクトマネージャ、プログラミングを行うプログラマ、ネットワークプログラミングなどに従事するネットワークエンジニア、データベースの管理をするデータベースエンジニアなどがあります。

 

⇒システムエンジニア求人サイトランキングこちら