システムエンジニアはスクールに通う方が良い?

システムエンジニアになるにはスクールに通う必要ある?

クライアントの要望に沿って、業務の効率化などを図るコンピュータシステムを手掛けるのがシステムエンジニアの仕事です。この職種になるには資格は必要ありませんが、事前にスクールで学んだり資格を取得したりしておくと就職や転職に有利になることもあります。

 

実際にパソコンを使ってプログラミング体験ができるスクールもあるので、入学前に足を運んで雰囲気を味わってみるのも手です。 システムエンジニアはパソコンに向かっての作業だけでなく、クライアントと直接接する機会も多いため、コミュニケーション能力や交渉力がある人に向いています。 まずはプログラマとして現場でスキルを磨き、システムエンジニアにキャリアアップするのが一般的です。

 

スクールでは、プログラミング言語の知識やシステム構築のスキルなどを学ぶことができるコースから、Sun Java認定資格(SJC-P)などの関連資格の取得を目指せる講座もあります。そしてデータベーススキルとしてORACLE MASTER まで取得できるコースもあります。ネットワークエンジニア・ネットワーク構築・管理など、IT業界への就転職を目指す方向けにLinux(LPIC Level1)・CCNAを合格サポート付と回数無制限で学習できる就転職総合講座もあるので、いろいろ調べてみるといいと思います。

 

⇒システムエンジニア求人サイトランキングこちら