システムエンジニアの志望動機・職務経歴書

システムエンジニアの志望動機・職務経歴書

システムエンジニア職の職務経歴書に志望動機を書こうと思っても、なかなか具体的に書くことができません。どうしたらいいのでしょうか?

 

簡単に言えば志望動機では「自分は将来どうなりたいか」を書けばいいと思います。最近の企業では、システムエンジニアであっても、企業に従う人間より企業を作る人間、雇用されるよりする方、仕事をするより作るほうをの人間を求める傾向があります。

 

また、技術的な面ばかりをたくさん書くのではなく、システムエンジニアの本質を突いたことを書かれていると印象が良くなります。システムエンジニアの本質とは「人と話ができる」ことに尽きます。入社してプログラマとして活躍できる時期は、これが大切なことにあまり気づきません。ひどい人は「人と話すことが苦手なのでこの仕事を選んだ」など書いてますが、これはマイナス要素になることが多いのです。

 

ソフトウェアは事務・技術系に限らず、かならず「使ってくれる顧客」がいます。よりよいシステムを構築するためには、顧客といかにきちっと話をすることができるかどうかにかかっています。技術的な課題や困難を解決するのは案外簡単なことです。ですので、職務経歴書に書く志望動機としては、システムを通じて顧客との信頼関係を築いていきたい、ということを盛り込むとよいでしょう。

 

⇒システムエンジニア求人募集サイトランキング