システムエンジニアとプログラマの違い

システムエンジニアとプログラマの役割や作業内容の違い

システムエンジニアとプログラマはかつては一色端にされがちですが、その意味は大きく異なっています。かつては簡単に言うとシステムエンジニアの下にプログラマがいて、システムエンジニアがデザインしたソフトウェアを、プログラマがその設計書に基づいてコードを書く作業が仕事でした。

 

システムエンジニアは要求仕様の策定から、設計、コーディング、納品、運用まで、全てのプロジェクトマネジメントを行い、プログラマは、要求仕様の策定からコーディング、デバッグなどを行います。

 

通常は、プログラマをある一定期間経験した後に、システムエンジニアになることが多いです。またシステムエンジニアには客先と調整してプログラムの仕様を決めることとか、ネットワーク構成を決定することとか、スケジュール管理や、各種ドキュメントを作って客先に納入することとか、そういう一連の付随的な業務もやらないといけません。

 

しかし現在では、プログラミング環境が進化した現代のシステム構築では、システムエンジニアがプログラマを兼任することも多くなっています。逆に、プログラマが要求定義や設計など従来システムエンジニアの職分とされていた職域に進出することも増えており、境界は曖昧化しています。

 

⇒システムエンジニア募集サイトランキングこちら