女性のシステムエンジニアについて

女性のシステムエンジニアについて

どこの職種と同じようにシステムエンジニアにも男女平等、実力主義が導入されている企業がほとんどです。女性だからといってシステムエンジニアになりにくいというのは偏見です。

 

女性システムエンジニアにアンケートを取っても、約半数の人が「自らSEを志望したので今の会社を選んだ」と回答している結果が出ています。しかも7割が「もともとSEを志望」と回答しています。

 

しかし、やはり男性社員が9割以上を占めていおる企業が大半を占めているのが現状です。そこには女性区別もなく、やはり現状の仕事のきつさ、残業続き、休日出勤が当り前のシステムエンジニア業界なだけに、やはり精神的にも肉体的にも「丈夫」な女性でなければやっていけません。男性と同じことですが、どんなに過酷な労働条件でも納期達成に喜びを感じることができる女性である必要がありそうです。

 

また、女性ならではの「産休制度」や「役職」など、在宅勤務制度があるか、長期休職時の技術フォローをどの程度してくれているかなど、現在の実務というよりは福利厚生や産休後の仕事復帰の難しさや、体力的なしんどさなど将来的な不安を抱えている人が多いです。

 

他の職種と同じように女性にとって働きやすい企業にはその企業での技術系の女性の割合女性の管理職がいるかも大事なポイントになりますね。

 

⇒システムエンジニア求人サイトランキングこちら